スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.08 犬の行動学~その①

7/8から7/10まで動物行動学者レイ・コピンジャーのセミナーがあって3日目の「犬の認知学」「犬の情緒」に参加した。
一言で言ってしまえば「犬には知性があるのか?また犬には心があるのか?」というのがテーマでその答えは「Not intelligent! But She is Emotional」とうことだ。
優秀でいろいろな能力を持った犬がいるから私は犬には知性も心も当然あるだろうと思っていたけれど、博士によると学習能力はあるが対象物を認識する力、時間の感覚計算能力、地理感覚などはどれもmaybe poor,doubtful, probably notとちょっと残念な答えだった。
「自分の犬は決まった時間にご飯がもらえることがわかるから時間の感覚を持っている」という飼い主もいるがそれはいろいろなシグナルを理解しているだけで何時何分というような認識ではないとうことだ。
ただ地理感覚「Map Making」の話では名犬ラッシーはフィクションだし広いテリトリーを持っている犬は家に帰ることはできるがそれは「Map Making」の力ではないと説明されていた。
日本犬はかなり離れた所で迷子になってもちゃぁんと戻ってくるという話をよくきくけれどそれはただのテリトリー広さだけなのかなぁとちょっと疑問は残った...。

コメントの投稿

非公開コメント

最近のトラックバック

プロフィール

dekorin

Author:dekorin
2000年2月生まれ 柴犬「あゆ」のママ。
ブログ歴は長いけれど、UPは気まぐれ...。
17歳になったおばぁちゃんあゆとのんびり、マイペースにやっています。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。