柴犬・あゆの日記
2006.11.17 狂犬病が発症した?
日本で36年ぶりに狂犬病の患者が出たというニュースを見た。

8月にフィリピン旅行中に犬に噛まれたのが原因らしい。日本ではもう根絶されたと思っていたけれど世界ではオーストラリアやニュージーランドなどの島国などごく一部の国以外はまだまだ多くの患者がでているそうだ。

「犬に噛まれたら罹る」から狂犬病というイメージがあるけれど犬だけでなくアライグマやキツネなど感染動物の唾液から感染し、水や光、音を怖がる症状があるから「狂水病」ともいわれているそうだ。

罹ったら死亡率100%だがワクチンで予防できるので旅行する時は必ずワクチンをうけること、動物には触らないことだ。
日本では犬へのワクチン接種が義務つけられているから飼い犬が発病することはほとんどないと思うが、飼い主まで接種している人はいないからやっぱり素性がわからない動物には触れないほうがいいのかもしれない...どこに密輸入で連れてこられた犬やペット達がいるかわからないもの...

狂犬病のワクチン接種についてはワクチンによるアナフィラキーショックや健康への悪影響などから米国などのガイドラインに沿って3年毎の接種で充分だという議論ある。毎年打つワクチンは3000円、でも原価は100円だとも言われているし飼い主にとってはこれでいいのかって疑問をもちながら仕方なく受けているのではないかなぁ...。

ワクチン抗体価をきちんと測って毎年の接種は必要なのか、価格は適正なのか犬にも飼い主にも納得できる予防ガイドラインを示して欲しい。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayu215.blog51.fc2.com/tb.php/36-2856adb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード