柴犬・あゆの日記
2010.08.14 眼科診察 Part 1.
2年前もカイカイがひどくなって同じ状態になったけれど、今回は10日間くらいの短い期間に涙が急に多くなって、
目もだんだん開けられなくなってきました。

それに左右の目の出っ張りが違うように思えたので、柴は緑内障発症の好発犬種でもあるし、
もしかしたら眼圧があがっているのではないかととても心配になって、一番早く予約のとれた眼科のあるA病院へ行きました。

朝ご飯もそこそこに車ででかけたので、あゆは珍しく車の中でゲー...,初めて行く所なので
私の緊張があゆに伝わってしまったのかもしれません。

診察の結果
①眼圧は正常
②アレルギーによって瞼のカイカイ→まぶたの痙攣→瞼の内反→まつ毛や瞼が内側に入って角膜を傷つけている
→痛みで目が開けられなくなってくる
③治療法は瞼を切開して瞼を縫い縮める手術...この手術で内反は治るがいつまでもつかわからない。
また、同じ手術は出来ない。
④2年前にT眼科で受けた「眼瞼縫合手術」(一時的に瞼を縫いあわせる)は小さい犬にしかできない。
⑤アレルギー用にドッグクリニックでいただいたフルオメトロン(ステロイド系)禁忌

という診断でした、あゆのアレルギーは完治することはまずないし痒みをどこまで抑えられるか
はわからないので、1回しかできないという手術をすぐにお願いする判断ができませんでした。

「どうしたらいいんでしょうね...」と先生に伺っても沈黙が2分くらい続き....
今って獣医さんも先生がこうしましょうとか薦めることってないのかなぁと思い.....
手術の見積もりと目軟膏をいただいて改めてお返事するということにしました。

緑内障の心配はまずなくなったので一刻を争うわけでなくちょっと気持ちが楽になったところに
ちょうどあゆPが旅行から帰ってきて病院の結果報告~

あゆPは以前と同じ症状ならデータもあるし眼瞼縫合手術ができるかもしれないというので
セカンドオピニオンを求めてT病院へ行きました。
__ (57) __ (65)
                      夕方神社にお参り..「目がよくなりますように..」
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayu215.blog51.fc2.com/tb.php/171-08748cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード