柴犬・あゆの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腫瘍発見 
10月の中頃~あゆをブラッシングしていてお腹に1cmくらいの腫瘍を発見。
赤くて柔らかくふっくらして~皮膚の表面にある腫瘍でした。
心配なので早速かかりつけの獣医さんで細胞診をしました。

      1011ayu.jpg

診てくださったドクターは、医学書を見ながら、「単純細胞球腫」?「リンパ腫」?とちょっと頼りないかんじ~。
とにかく注射器で細胞をとって細胞診をして結果を待ちました。

1週間後の結果では「リンパ腫」の疑いがあると恐ろしい診断でしたがどちらにしてももう少し詳しい検査が必要ということで様子をみることに~その間に他の知り合いのドクターに診ていただいたところ
「これはリンパ腫ではありませんよ!!」と即断!

いろいろ心配しましたが、日にちが経つうちに腫瘍はだんだん小さく硬くなって5mmくらいのかさぶたになっていきました。
腫瘍発見から1ヶ月~探してもどこにあったのかわからないくらいすっかり消えてしまいました。
 今回はいい結果で終わったけれど、年をとるといろいろありますよね~。
 
      スヤスヤ寝ているあゆちゃん、治ってよかったね。
     1120ayu.jpg

スポンサーサイト
六義園へお散歩 11月13日
目の手術から2ヶ月経ちました、診察では手術痕の回復は良好ということですが、アレルギーが原因の瞼の炎症は
なかなかよくならないのでしばらく目薬と目軟膏、長時間のおでかけの時は搔かないようにバスターカラーも必要です。

お散歩も近くですませていましたが、今日は方向を変えて六義園方面へ行きました。

     六義園は犬は入れない庭園なので周りのレンガ塀を一周するだけ...。
     まだ、右目は眩しそうです。
        1113ayu1.jpg
水晶体を摘出したので右目は「強遠視」だそうです、レンズがないということは「像」を作れないということなのできっとぼんやり明るく見えているのかも......。
でも左目は白内障は少しあるけれど正常なので片目しか見えない不便さ?はないのかもしれません、残った左目を大切にしなきゃ!とあらためて思います。

皮膚の方も毛があちこち抜けてだんだん状態は悪くなっていっています。
歯の治療
水晶体摘出手術をしたときに、入れられたゲージから出たくて、あゆは犬歯の横の前歯を合わせて4本も折ってしまいました。

かかりつけの獣医さんに診ていただいたところ、折れて根っこが残っている部分の除去は、犬歯や臼歯などは難しい治療になるので専門の歯科医をすすめられたのでT眼科から紹介していただいて向島にある奥田先生の診療室に行ってきました。(10月28日)

診察の結果、やはり折れた歯の残根除去と、今回の事故とは関係なく第四臼歯がダメになっていて抜糸をしたほうがいいということで全身麻酔での治療になりました。

あゆはすぐ隣にある手術室に連れていかれすぐに治療が始まりました、ガラス戸ひとつ隔てた目の前だったので、はじめは、麻酔がきいてぐったりしたときは、ドキドキしましたが、あゆの様子も分かるし、途中、先生があゆの歯をみながら説明してくださったので、かえって安心できたように思えました。

臼歯は大きな歯なので抜糸もかなり大変で2時間くらいかかりましたが、治療が無事に終わってあゆがちゃんと麻酔から戻った時はうれしくて涙がでそうでした。

あゆは麻酔が完全にさめていない状態だったので助手の先生が少し離れた駐車場まで抱っこして連れてきてくれました、お世話になった先生方、ほんとうにありがとうございました。

今回の事故?はどうして起きてしまったのか?こんな歯が折れるまでなんで気がついてくれなかったんだろう?と謝罪はあったもののなかなか心の波はおさまりませんでしたが、目の手術、歯の治療と無事に乗り越えられて今はほっとしています。

             1103ayu2.jpg
 
             1103ayu1.jpg

             1103ayu3.jpg


月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。