柴犬・あゆの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地ワンコのお預かりVr.3~チャウ①
8月の12日から原発非難区域福島県の大熊町で保護された柴の男の子を預かっています。
動物愛護団体・ミグノンさんの活保護活動のお手伝いで今回で3頭め~だんだん受け入れも慣れてはきたけれど今回は、初めての男の子!!

huku1.jpg
推定年齢は乳歯がもう残っていないことなどから推測して8ヶ月以上1歳未満ということです。
震災当時はまだ3,4ヶ月の子犬だったわけで....

飼主さんと別れたときはどんなに寂しかったのかしら?
とかどうやって生き抜いてきたのかしら?とか思うといとおしくなってしまいます。

見た目がチャウチャウ犬に似ているので「チャウ」という名前をつけました、
呼んでも、まだ自分の名前が分かっていないのか、キョトンとしています、
まずは、名前を覚えてもらわなきゃ!!

huku2.jpg
あゆとの初対面~ちょっと不安そうに首をかしげています、
初めての男の子だからあゆは弟のように可愛がってくれるといいんだけど....。
チャウは慣れるまでしばらくガレージで我慢ね。

huku3.jpg

福島で保護したワンコは半年経った今でも飼主さんが見つからない子がたくさんいます。
この子たちは、飼主さんと連絡がついて元の飼主さんをに戻るのが一番いいけれど、
もう飼ってあげられないケースが多いのが現状のようです。

でも連絡がないままだと新しい飼主さんをみつけてあげることもできません。
チャウは半年前は小さな子犬~半年経って大きくなったので飼主さんが見ても自分の家のワンコだって
分からないかもしれないけれど....見つけてあげてくださ~い。

家に来て2日目...庭でシャンプーしました、チャウはいい子で大人しくしていました。
チャウはまだまだ無邪気で、あまり「イヤ」なことがない子のようです。

0814huku.jpg
体が乾くまで、ひなたぼっこです。

0814huku2.jpg
きれいになったし、いい子なのでガレージからいよいよリビングへ移動できるかな?
スポンサーサイト
あゆ・皮膚の状態
足や口の周りのカイカイがひどくなってきました。
今年は震災後のストレスや余震のたびに庭に出るのでいろいろな汚れや菌がついてしまうのかもしれません。
今の所ステロイドはのまずに皮膚のケアだけ。
ayuhihu

被災地ワンコを預かっているストレスも一人っ子のあゆには、少しはあるのかと気になります。
sanpo


月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。