柴犬・あゆの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.31 術後4日目
今日で8月も終わりだというのに暑くて私もかなりバテ気味です。
でも去年の今頃は1ヶ月の放射線治療が終わって半分死んでいたので、それを思えば
まだまだ余裕はあるかな?

あゆの目の腫れはだいぶひいて目も開いてきました。
抜糸もまだだし、術後4日目なので心配するのはまだ早いけれど、目頭のほうの瞼が少し
ダブついているのが気になっています。

手術前に
『この手術の難しい点は、全身麻酔で筋肉が弛緩している状態で行うので瞼を切る範囲、
ちょっとした加減が難しい。おおきく縫い縮めすぎるとやり直しはできないので少なめに切開。
筋肉のもどり次第では「やり直し」ということも有り得る』
という説明があったので、この「だぶつき」がなくなるかどうか...。


アレルギーの方は、昨日くらいから体を搔くことが増えています、内服薬が2日に1回になったので
痒みがでてきたのかもしれませんが、今つけているハードタイプのカラーのストレスもかなり
大きいようです。

目を搔かないようにと狭くて細いタイプのカラーなので階段は上がれないし、お散歩の時も
匂いを嗅ぐのに下を向いただけで地面にぶつかってしまうのです。少なくとも抜糸まで2週間は
取れないので、首の周りをマッサージしています。

__ (81)

スポンサーサイト
2010.08.28 眼瞼内反の矯正手術
いつもはお寝坊のあゆが、今朝は5時くらいから起きて部屋を歩き回ったり体を搔く音で目が覚めました。
あゆは今日が手術だなんて、分からないと思っていたけれど、やっぱりあゆは私の不安を読み取っていたようでした。

11時に病院へつれて行って手術前の体調チェック、手術内容の確認や承諾書にサインなどをしてあゆをお任せして一旦家に戻りました....
あゆと別れる時、あゆの目を見たら「ママ、怖いよ~」って訴えているようで、胸が痛くなりました。

手術前の待合室で~心配そうに大人しくしていました。携帯の「自分撮り」で撮ったので
手術するのは右目なのに反対になってしまいました。
__ (76)a

夕方6時にあゆを迎えに~あゆは麻酔も覚めてしっかり歩けていましたが、傷は思ったより大きくて目も
だいぶ腫れていました。
予定では上の瞼だけの矯正手術の予定でしたが、下の瞼内反も少しみられたので今後のことも考えて、
目の周りをぐるっと縫い縮めるような手術になったそうです、瞼の毛も剃っているので目全体がはれぼったい
かんじですが、腫れは少しづつなくなっていくので心配はないということでした。
お風呂は1週間くらいは入れないこと以外はふつうに生活してもよいそうで、家での処置も目軟膏と
いつものヒアレイン点眼薬だけでした。

とにかく無事に終わってほんとうによかったです、あゆちゃん、頑張ったね!

  術後すぐ~瞼全体が腫れています。
  100827ayu.jpg

      __ (78) 
      細めのエリザベスカラー、しばらくは取れません。   
      __ (77)

     家へ帰ってご飯はしっかり食べました、これなら回復も早いかな?
    __ (79)


2010.08.24 手術前の検査
27日の眼科手術を受ける前の検査を受けにかかりつけの病院へいきました。

血液検査
心電図
胸部レントゲン検査

検査の結果はいずれの結果も「問題なし」で全身麻酔手術へGOサインがでました
アレルギーの病院でいただいている薬を飲んで2ヶ月になりますが
GPTの値は85→56とほぼ正常値にもどり、肝機能もよくなってきたようでひと安心です。

ただあゆの体重がなんと9.3キロに急増していたのにはビックリしたというかショックでした
初めなにげなく診察台に乗って出た体重は9,7キロ!?
あまりの多さに間違えじゃないかと、カラーとリードを取ってもう一度測りなおしても9.3キロでした。

2週間くらい前、眼科で測ったときは8,5キロくらいだったのに...
カイカイがひどくて食欲がなくなった時に食べてくれればいいと高カロリーのものをあげすぎて
ちょっとカロリーオーバーだったのかもしれません、

これはわたしの責任~肥満は関節のためにも絶対NG!

すいか、なし、枝豆、あゆちゃんがおねだりにくるとすぐにあげてしまう悪い習慣も心を鬼にして
止めなきゃいけません。

 畳の上はヒンヤリして気持ちがいいみたいです
__ (73)

収穫
あゆの日記、お出かけもあまりしないので、すっかり「闘病記」になっています。

たまには気分を変えて我が家の農園?庭?で成ったものをUP!

・オリーブ~今年植えたばかりなので5個だけ実がつきました。でもうれしい!
      オリーブを加工するのはなかなか大変だとか...。
__ (69)
・レッドペパー~赤くなる前に虫に食べられたりまだ1個も食べていません。
__ (70)
・アバシゴーヤ~苦味が少なくて美味しかった! 熟すまでとらないと割れて赤い種になります。
 1cmくらいの種です、甘くて食べられるというので食べてみました。たしかに甘かった!
__ (48)   __ (72)

実の成るものって面白い!限られたスペースしかない庭、芝生じゃなくて畑にすればよかったかなぁ~。
2010.08.20 眼科診察 PartⅡ
あゆPと一緒に夕方T眼科へ...緊急だったので最終の診察になってしまいましたが、それほど待たずに診ていただけました。

診察の結果はA病院とほとんど同じ...

①眼瞼内反で角膜に傷がついている、だたし2年前に縫合手術をしたときより、まだ傷の状態は軽い。
②前回と同じ縫合手術もかんがえられるが、瞼の皮膚や筋肉の衰えもあるので今回は瞼を三角に切開して
「内反している眼瞼の矯正手術」をする。
③全身麻酔、日帰りの手術
④また同じ状態になった時は同じ手術をするのか?伺ってみましたが、何回もする手術ではないけれど
できないことはない....(微妙な回答でした)
⑤緑内障の心配はない...発症年齢は8歳くらいが多くそれ以後は少ない、ステロイドの影響はヒトの場合はあるけれど犬は直接の影響はない。

→の部分が内反している部分
ayugannka.jpg
少し茶色の部分が角膜の傷
snap_ayu215_201086161530.jpg
緑色の部分を切開してぬい合わせる手術です。

待合室に緑内障についての記事がありました、T病院に来る緑内障のワンコの60%が柴犬であること、
発症して3日以内に適切な処置をすれば視力をある程度残せることなど書いてありました。

初期治療の重要さはわかったけれど、今回、近所の獣医さんでは眼圧測定が出来なかったように
柴ちゃんの飼主さんは、眼圧測定だけでもできる獣医さんを探しておいたほうがいいんじゃないかと
思いました。

結局、ああゆの手術は以前のデータもあるし、なにより家から近いという理由でT病院で受けることにしました。
全身麻酔なので手術の前に、血液検査、心電図、レントゲンなど受けて手術ができるかどうか全身のチェックが必要です。
難しい手術ではないけれど全麻はやっぱり心配.....手術がうまくいきますように。

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。