柴犬・あゆの日記
2009.07.30 アトピカ
090730ayud

暑くて蒸し暑い毛皮を着ている?わんこ達には酷な毎日がつづいています。
予想通り、あゆのカイカイはアトピカで抑えているけれど、週2回のペースでは限界らしく上肢、下肢の付け根あたりをカイカイしています。

1ヶ月前くらいからアトピカを飲ませると薬に反応するように、カイカイがひどくなって時々息遣いがあらくなって肩で息をしているような症状がでて心配だったので近所のかかりつけの先生に診ていただきました。

聴診器で診ていただいた結果はあまり心配することはないということでしたが、アトピカの症例が少ないので詳しいことはわからないということだったので、農工大の岩崎先生に指示を仰ぐことにしました。

アトピカはまだ歴史の浅いアレルギーの薬で副作用や値段が高いこと~あゆの体重(約8㌔)で50mgは1個¥600です、症状に応じて薬の量は変りますが飲み始めは毎日続けて飲ませなけれはならないので、18000円かかります、週2回におさえられらば1ヶ月5000円~6000円で済みますがそれでも毎月となるとかなりの金額になってしまいます~で獣医さんも簡単に奨められるお薬ではないようです。

それにアトピカは空腹時に飲ませなければならないのでご飯に混ぜてというわけにはいかないし、
大きなソフトカプセルで中身は独特の匂いがするオイルなのでとても飲ませにくい薬です。

近所の獣医さんでは今まで症例が2件しかなくそれも効果がでなかったり、飲ませると吐いてしまったりで成功例がなかったそうです.....だから値段のこともあるし奨められなかったんだと思います。

新しいお薬を使うのは奨める獣医さんも飼い主もそれなりの覚悟と理解がないと使えない難しさがあるとつくづく思いました。

今までよりカイカイがなくこの時期を過ごせているのを見ると先のことはわからないけれど、これでいいのかなと納得できています。

090730atopica

2009.07.06 イネ科花粉
今はあゆの天敵?イネ科の花粉の飛散時期です。
あゆがアレルギーになったのはあゆが3歳くらいのときからで最初にアレルゲン検査をしたのは2003年の10月でした。アレルギー検査結果は
アウトドア項目  草混合(イネ科6種) ++++
           ヨモギ、オオバコ   + 
           樹木混合       +
           オリーブ        -
           日本スギ       -
 
食物        羊毛           -
           牛肉           +
           豚肉           -
           魚混合(タラ、ヒラメ)  -
           ピーナツ         -
あゆはイネ科花粉に抗体価がかなり高いことがわかりました。
イネ科混合6種はカモガヤ、ヒロハノウシノゲクサ、ホソムギ、オオアワガエリ、ナガハノクサ、シラケガヤです。
植物図鑑で調べてみましたが空き地などによく見られる植物であることがわかって完全にあゆの生活パターンから除去するのは難しいことがわかりました....花粉の飛散は5月から秋までと長いのでハウスダストのアレルギーとおなじようにイネ科の花粉症はなかなか大変です。

我が家周辺の空き地にもカモガヤやナガハグサなどが生えている所があるのでお散歩の時は、とにかくすーっとした長い葉の生えているような所へは近づかないようにしています。

7月に入って梅雨らしい雨の多い日続いていますが、今の所カイカイはあるけれどだんだんひどくなるようなことはありません、このままの状態で落ち着いてくれるといいのですが....。

*カモガヤ
kamogaya
*ヒロハノウシノゲクサ
usinogekusa
*ホソムギ
hosomugi
*オオアワガエリ
ooawagaeri
*ナガハグサ
nagahagusa
*シラケガヤ
sirakegaya


月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード