柴犬・あゆの日記
2007.01.28 新聞記事より「ペットの痛み」
2005年12/2付けの古い新聞の切り抜きを見つけた。

「他人には弱みは見せないワン」
ペットの痛みどう見抜く
犬の急性痛の評価基準(犬のしぐさで5段階評価)
*レベル4  ・持続的に泣きわめく・全身の硬直・食欲廃絶・眠れない
*レベル3  ・背中を丸める・心拍数増加・震える・よだれを流す
*レベル2  ・痛い所をかばう・食欲低下・じっと立っている
       ・立ったり座ったり
*レベル1  ・逃げる・尾をふらないor振り方が弱い・反応が弱い
       ・目を閉じている
*レベル0  ・痛みの兆候が見られない

・動物は本能から痛みを隠す傾向がある、飼い主には痛みを訴えても
 獣医には見せないこともある。
・大げさに痛がる犬、我慢強い犬など性格もあるので総合的に判断する
・慢性病は微妙なしぐさが多く,飼い主がいつもと違う動きを観察する ことが大切。~新聞記事の抜粋~

この記事を読んで痛みのレベルの判断ってやっぱり微妙な部分が多くて判断は難しいけれど獣医さんがこれで治療や薬の処方を決めるとしたら飼い主の普段からの観察が大切だと思った。

今まであゆが痛みを訴えたのは大型犬と遊んでいて急に乗られて後ろ足を脱臼した時。

足が地面につかずに「クーン、クーン」って痛みで泣いたことがあった。「大丈夫だよ!」って言いながら足をさすって伸ばしたり曲げたりするしかできなかった。しばらくしたら上手くはまったのかすぐに治ったからよかったけれどあの時の痛みはレベル2~3くらいだんじゃないかしら?

あゆは2月で7歳~代謝が落ちたり運動能力もピーク過ぎて怪我や病気
が気になる年齢だ。気をつけなきゃ!!
2007.01.23 お騒がせしました。
数年前から我が家の周辺は泥棒、空き巣の被害が多くて物騒なので我が家はホームセキュリティーS社にお世話になっている。

留守のときには外からの進入だけでなく家の中に赤外線探知機のようなものが働いて家の中で動くものに反応して警備会社へ通報が行くシステムになっている。

あゆが留守番しているリビングはあゆの動く範囲では赤外線探知機は反応しないのだが、1階と階段部分は小さなあゆでもバッチリ赤外線でとらえられてしまうので留守番の時にたまに2階から脱出して警備会社から「異常センサーが反応したのでお宅に伺ったところ飼い犬が1階部分に出てしまって作動したようです。」との連絡をうけてしまうことがある。

今日も仕事先にS社から連絡があってまたまた、あゆちゃんの脱出でS社の方にはご迷惑をかけてしまった。2階の入り口が鍵がかかっていなかったのだ。器用に鼻や手をつかって1階に降りてしまったらしい。これはあゆちゃんだけが悪いんじゃないのよね...。

あゆってボーっとしている所はあるけれどやっぱり番犬の血がのこっているのか不審な物音がすると見に行ってくれるから今日もきっと1階で物音がして自分でパトロールしなきゃ!!って思ったのかもしれない..。

S社の警備員の方、ご近所の皆さま、お騒がせしてごめんなさい。
07-01-23living


2007.1.21ノイ君ありがとう。
今日、Mixiで私とあゆの大切な友達「ノイ君」が1月15日、天国へ旅立ったことを知りました。

あまりに突然のことで信じられませんでしたがノイ君のHPで10日に胃捻転の手術を受けたけれど15日になくなって19日にお別れ会をしたことが書いてありました。

私がノイ君と初めてお散歩の広場で出会ったのはあゆが1歳になるちょっと前でした。社会性をきちんと身につけたノイ君とのいぱぱの素敵なパートナーシップは私とあゆの目標になってトレーニングを始め生食のことなどそれはそれは多くのことを教えていただきました。

お仕事で横浜へ行かれてからはあまり会えなくなってしまったけれど、真っ白でフワフワの大きなノイ君がのいパパに連れられて広場にさっそうと現れる時のかっこよさは忘れられません。

またいつか広場に来てあゆと遊んでくれたりやんちゃな姿をみせてくれそうなかんじがします。
たくさんの楽しい思い出をくれたノイ君に最後にお別れできなかったのは心残りだけれど元気だったころのノイ君をいつまでも心に残しておきたいとおもいます。

「ありがとう、ノイ君、天国からパパを見守ってあげてね」
深い絆で結ばれていたのいぱぱの気持ちを思うとなんて言っていいのかわかりません。
07-01-20hiroba

*2002年1月7日、今から5年前の写真です。あゆ、けせらちゃん、ノイ君
2007.01.12 犬もメタボリック?
2,3日前の朝日新聞の夕刊に「犬も..歩かねば?..メタボリック」という記事が載っていた。
犬は3,4歳になると代謝が落ちて「中年太り」が始まり太りすぎると人と同じで心臓への負担が増え、糖尿病などの病気にもかかりやすくなるそうだ。
犬は太ったままの状態で運動をさせると関節を痛めたり心臓に負担がかかったりするので運動よりも食事制限が大切らしい。
あゆは2月で7歳、半年くらい前から少しづつ体重が増えて(+700g)きている。ご飯の内容は変っていないのであゆも代謝が落ちてきているのかもしれない。
ドッグフードも7歳からはシニア用に変える時期だ、手作りご飯のレシピも今までと同じでなく少しづつ変えていかなきゃと思う。
今の体重は8㎏、ヤセていた頃は被毛の具合もあまりよくなかったけれど今はいい調子だからこのくらいの体重をキープできればいいんだけど...。
今年はあゆも私も「メタボリック」なんかにならないように気をつけなくっちゃ!!
07-01-10

*今日のあゆご飯は「SP豚、野菜」豚肉はビタミンB1が牛や鶏に比べると何倍も多いし豚肉の脂は不飽和脂肪酸なのでコレステロールは問題なし。
2007.01.11 パニック?!
夕方、仕事を終えて2階のリビングヘ行ったら、いつもならあゆが迎えに出てくれるのにいないし「あゆ~!」って呼んでもどこにもいない。
(もしかしたら?サッチの部屋に閉じ込められちゃって出られないのかな??)

なんだかイヤ予感がしてサッチの部屋のドアを開けるとあゆが飛び出してきた。

サッチの部屋は風の具合で自然にドアが閉まることがあるし内開きだから空けようとしても間違って閉まることもあって今までも時々出られないこともあったけれど、今日は部屋の暖房が付きっぱなしでかなり暑い状態だった。(サッチお姉さん~ちゃんと暖房止めてよ!

サッチのベッドを見るとお漏らしの跡が...。長時間の留守番でもなかったのにお漏らししちゃうなんて...可哀想にあゆは暑い部屋から出られなくてパニックになってお漏らししちゃったんじゃないかしら?

やっと解放されたあゆはしばらく家中をウロウロして落ち着かなかった。(お漏らしとかイタズラした後って決まり悪いのかなぁいつもそんなかんじ...)

羽毛布団と敷布団の洗濯は大変だったけれどあゆが悪いんじゃないものね?

脱水状態にならなくてほんとによかった!あゆちゃん、ごめんね...。

07-01-09sanpo



月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード